ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< いつもの散歩コース「奈良公園」紅葉 | main | 「春日若宮おん祭り」お渡り式 >>
2015.03.31 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.12.18 Tuesday

あいのり〜ドイツ〜 12/17放送

スピード制限のない高速道路アウトバーン、ポルシェを抜き去って走るラブワゴン…。
F1大好きな私としては、わくわくするようなシーンから始まった今日のあいのり。
(その後、本気になったポルシェに軽く抜き去られますが…。)

それにしても、飛ばし放題の高速道路があるなんて、
さすがポルシェの生まれた国ですね。

この自動車専用道路はいざと言う時には
飛行機の滑走路としても使用できる様に設計されているそうです。

アウトバーンには速度無制限区間と速度制限区間がある。
速度無制限区間であっても無制限なのは乗用車だけで、
トラックは80km/hが制限速度になっている。
日本と同様に自動速度違反取締装置(カメラ)が設置されているところもある。
近年は速度制限区間が多くなり、速度無制限区間は路線全体の20%以下となっている。
ちなみに速度無制限区間における推奨巡航速度は130km/hとされている。
速度無制限区間であっても、
路面の荒れが激しいことや交通量の増大に伴い混雑が激しいと、
すぐに速度制限区間に到達してしまうことなどから、
近年の幹線道路においては、交通量の少ない地方の路線を除いて、
300km/hを超えるような超高速走行は難しくなっている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



−今日の恋愛観察−

社長令嬢のRemiちゃんを争っているチャラ男のリョウくんと、
フリーターのカルボナーラくんですが、
今日の対決はドラゴンボールの山手線ゲームと言う、
かなり小学生的な戦いでした…。
両者一歩もひかずというところですが、あまり迫力のない戦いですね。

ラブワゴンの中で、大学生同士の会話に入れないカルボナーラくんは、
Remiちゃんとの住んでいる世界の違いを感じ始めます。

5人兄妹の長男のカルボナーラくんは小さい頃、両親が離婚していて、
それ以来お母さんが女手ひとつで子供を育てて来た為、
経済的な理由もあって、高校を2年生で中退しています。

以前から、軽そうだけど思いやりもあるし、
ただ明るくてチャラチャラしている男の子ではないな、
と思っていましたが、苦労しているのですね。
そんな若い頃から生活の為に働いていたら、
大学のサークルや飲み会の話で盛り上がっているメンバーを違う世界の人、
と思って当然だと思います。
子供っぽくも、甘くも見えるでしょうしね。

そんなカルボナーラくんは冒頭で流暢なドイツ語で、
食事の注文などをしていました。
ドイツに入ってからドイツ語を勉強していて、
日常会話なら普通に話せる様になったみたいですね。
かなり尊敬しました。

社長令嬢のRemiちゃんへの気持ちは変わらないけれど、
環境の違いという壁にぶつかってしまってしまっているカルボナーラくん。
どんな風に結論を出していくのでしょう。

そして、カルボナーラくんと対立しているリョウくんは、
そんなライバルの心の変化に対してどんな態度をとるのでしょう。

(人ごとなので)おもしろくなってきたところで、
今年のあいのりは今日の放送でおしまい。
続きは、来年1月7日の放送まで待たなくてはいけません。

次回は思いがけないドラマが待っているみたいです。




アウトバーン


2015.03.31 Tuesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR